avectoi17’s blog

関西の大学2年生!私の思惑ブログ。

新成人

2023年1月9日に成人式に参加してきた。

 

なにより、受験がおわってすぐ振袖の予約をして2年前から決めていたお気に入りの振袖にようやく包まれて、みんなにお祝いされながら成人になったんだと実感するハレの日になった。

 

なんだか結構呆気なく終わってしまったが、小学校の時の友人や、中学生の時の地元の知り合いとも無事に会うことができ、中高を共にした友人と会えたのもなかなかに嬉しかったが、なんか今日会うのが人生で最後になる人もいるんだろうなと思うとかなり感慨深かった。

 

18歳になった時から投票権をもって成人だったし、2021年5月の時点で20歳にはなっていたため、「新成人」との言葉には疑問を感じずにはいなかったのですが、それでも「成人式」とは良い響きで。

 

世間からようやく認められて、はたちを実感しました。

 

よく、「自由と責任は紙一重という話を聞かされますが、一応そこに異論はなくて。

ただそう聞くと「自由」に制限がかかるような感じがして好きじゃない。

 

確かに責任は伴うけれど、私はそれよりも「自由」という言葉にもう少し、ワクワクしたい。

 

こんな新成人、本当によくないんだろうけど、地に足をつけていないとだめなのはわかっているんだけど、それでも私はやっぱり「自由」という言葉にワクワク感を追加したい。

 

私は幼少期から「やりたいことをやらせてあげる」という環境で育てられてきていて、やりたい!と言ったことを基本的には否定されず、やってみれば?となんでもやらせてもらってきました。

 

というか相談なしに始めてしまっていたというパターンが多かった…(笑)

それでも両親は私のやることなすことすべてに賛同してくれて、応援してくれて、反対を押し切っての決断をも結果的には尊重してくれた。

 

本当に感謝してもしきれないほどのことをこれまでしてきてもらっている。

ずっと自由奔放に生きてきたが、大学生になって一人暮らしを始めて、これまで両親がやってくれていたことを自分でもやるようになって、自由も大変だなと。

 

でも、自由だからこそ、身軽だからこそ、本当に何でもできるんだなと思う。

一人暮らししていなかったらきっと私はめちゃくちゃにインドア派だったと思うし、東京に一人で行こう!なんて思ってもいなかっただろう。

お金は毎月の仕送りとバイト代で、家賃や光熱費、水道費や通信費、食費から医療費、娯楽費などを賄っており、自分でやりくりしている。大変というか、かなりだらしないが、意外となんとかなるし、本当によくないけど意外と生きていける。

こうやって一人暮らしを始めたからこそ、人と一緒に住むことで感じていたストレスから解放されたし、堕落してしまう部分もあるけどフッ軽になってより広い世界を見ようと行動で来ているなという感じもしている。

 

「責任」はあるんだろうけど(たぶんここはだらしなくなっちゃだめなところ…)私は「自由」を得たからこそ見ることができた新しい世界にワクワクしている。

 

留学したい、とか海外に行きたい、とかやりたいことはたくさんあるけど、なんのために?というのを問い続けて生きていきたい。

「自由」の身だからこそ、今できること。

大学生という枠にとらわれず、もう少し計画力をもって実行していきたい、とこの節目に思った。