avectoi17’s blog

関西の大学1年生!私の思惑ブログ。私のペースで書いてます…目標1投稿/3日です!コメントや感想お待ちしています!

節目

 

遂に二十歳になりました~!!!

 

節目ごとに振り返ることをこれまで怠ってきた私ですが

さすがに二十歳の節目は無視できないなと思って

書いてみることにしました。(笑)

 

 

二十歳のお誕生日はすごくすごく幸せいっぱいで満たされました!

大好きな友人と一緒に過ごせて幸せだった~~~!!ありがとう!!

たくさんメッセージもほんとに嬉しかったし、プレゼントもめちゃ嬉しかった!!

愛情感じた~~!!!!本当にありがとう!!!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

19年間を生きてみて自分の「大切にしたいこと」「判断基準」「価値基準」

つまり「自分軸」が少しずつ定まってきたなと感じます。

 

多分まだまだブレブレの軸だと思うし、

これからも定まりきることはなくて

どんどん変化していくんだろうと思っていますが

それでも数年前の自分軸よりもブレない軸ができているのは確かです。

 

 

これまでの経験や人との出会いと関わりなど私の人生にまつわる全部の要素が

今の自分を形成しているって考えると本当に感慨深いというかなんというか。

ほんと、「人生に無駄なし」だなぁって思いますね!

 

変なところ頑固な私ですが、どんな道に進もうともいつも味方してくれて

応援してくれた両親がいたというのも本当に幸せなことだなと思います。

 

もちろん、反抗したり反対されたりしてやりたいと思ったことができないこともありましたが、それでも両親はほとんどの「やりたい」を尊重してくれました。

 

両親を馬鹿だなぁだなんて思っていた生意気娘の時代もありましたが、振り返ると自分の人生経験から語る両親の話は私の価値観とか人生観とかに大きく影響しているなと思います。

 

 

 

私は頻繁に自分のことを認めたくなくなるし、消えてなくなってしまいたいと思うことがあります。自分のことが大嫌いになって自分のことを心底嫌なやつだと思うことがあるんです。

そんな瞬間があるにもかかわらず、のうのうと生きていられるのはみんなから受ける愛情があるからです。

 

私が好きになれない「私」も含めて私ことを好きでいてくれる人がいて、

困っていたら手を差し伸べてくれる人がいて、

元気にしてるかなって気にかけてくれる人がいて、

会いたいって言ってくれる人がいて、、、

幸せだな~って思います。

 

多くの人はそうだと思いますが、

誰かから必要とされたり、認められたりすることで

自分の存在意義を見出しがちじゃないですか。

 

確かにそういう瞬間ってあっていいと思うし、

ないと本当に自分がいなくなってしまいそうだからあってほしいんですけど

誰かしらが常に自分に関心を持ってくれている、だなんて

そんなことってなかなかないと思うんです。

 

それぞれの大切にしているものは違うし、

今、重要視しているものは別にあるだろうし、

そもそも自分の生活があるのだから

常に誰誰を気にかけている暇なんてないんです。

たとえそれが恋人や家族であっても常に誰かの一番に降臨している、なんて状況ないはずなんです。

 

でも自分のことを好きでいてくれる人がいて、

会いたいと言ってくれる人がいて、

ごはんの約束をする人がいて、

何気ない他愛のない話をできる人がいる。

 

信頼できる人がいる、支えてくれる人がいる、

応援してくれる人がいる、励ましてくれる人がいる、

必要としてくれている人がいる、認めてくれる人がいる、

こーんなにも幸せなことってないと思うんです。

 

人の気持ちって移り変わるし、不安定だと思います。

でもほんの数人、こういった人たちと出会って繋がって色々を共有して…

愛情を送り合える存在がいることがひとつの大きな幸せだと思っています。

 

 

この節目を迎えて、私はたくさんの人から愛を受けているんだなって改めて思ったし、

私ももっと愛を送ることのできる人になりたいなと思いました。

 

 

 

二十歳になった自分にはたくさんたくさん期待したいと思います。

新しい挑戦もしたいし、新しいつながりも増やしたい。

これまでの繋がりをもっと太く強固なものにしたいし、

なにより自分の関心事にもっと積極的な姿勢で取り組みたいです。

 

全部抽象的な目標で軸がブレるんだろなってのがバレバレですが

その都度、やりたいことに向かって全力を尽くしていきます。

 

 

 

私の周りの愛に溢れたみんなの力を最大限にお借りして、

溢れんばかりの経験と思い出を刻んでいきたいですね!

 

 

 

素敵な大人になります!

 

 

 

ps. おめでとうメッセージ、たくさんありがとうございました!大好きなお手紙もいただいて、本当に嬉しいよ~!宝物にする~!!これからも子どもっぽい私をどうぞよろしくお願いします。呆れずにちゃんと付き合ってください、お願いします!大好きだよ~!!

 

執着心

希望を持って毎日を過ごすために

執着しないことと

諦めないことの線引きはね、

「本当に諦めたくないことかどうか」なのよ。

 

人生、これだけは諦めたくない

ということまで手放さなくてもいい。

それが希望だから。

でも、希望を持つには痛みもともなうの。

だから、本当に諦めたくないこと

だけにしておきなさい。

 

 

『【精神科医が教える】執着心を手放すたった一つの線引き』

と言うタイトルの記事にこう書いてあった。

 

 

私、結構執着心がある方の人間で、

要らなくなったものも捨てられないのはこのせいでもある。

 

一度ほしいと思ったものは手に入れるまで欲しいって言い続ける。

 

人においてもそうだ。

一度大好きになった人からは絶対に離れたくないと思うし、

その人と過ごした時間は綺麗な入れ物に入れて飾っておきたい派だ。

 

必要以上に相手に固執してしまうというのは私の短所だと自覚済みだ。

 

 

 

執着とは;

ある特定の物事に囚われてしまうこと

 

 

らしい。もともとは仏教の言葉だそう。

 

囚われがちだ。

誰かにこう言われればそうだと信じ、それが真理だと勘違いする。

 

自分の考えはどこだ?と途中で気づくがそれまではただ

「あの人がこう言っていたんだからこうに違いない」

と思い込み、それが正しいと信じて考えを横取りしてしまう。

 

その「誰か」の考えに固執して一向に新たな考えを取り込もうとしないのも

私の短所のひとつだ。

 

別の人がこう言ったからじゃあこうじゃないか!となることも多い。

ああ、自分ってどこにいるんだろうって思うけど

でも次はその納得した考えに固執するようになる。

 

 

「執着」の定義が少し難しいが、

とにかく私は執着心がすごい。

 

 

 

執着することと諦めないことの違いはなにか。

執着することはそんなに悪いことなのか?

むしろ大切にする一途であることの裏返しなのではないか、

こう思っていた。

 

 

「本当に諦めたくないものかどうか」

この基準を自分の中で持つことで、

私の執着心が少しでも落ち着けばいいなと思う。

 

 

諦め癖もある私だからこそ、

それでも譲れない!と言えるものがあるのかどうかは若干不安だが

なかったとしても新たなものを迎えるために

容量を整理する機会として思い切って取捨選択をしてみようと思う。

 

 

 

 

 

つれづれなるままに~~

さーーーーーーて

 

長いことお休みしていたこのブログ

 

そろそろ再始動します~!!

 

 

心が安定しないときになーんにもしない時間ばかり過ごしてると

もっと不安定になります。

 

わかっているのにいつもその悪循環にはまってしまう、、

そろそろ学びます。

 

立て直しも兼ねて!つれづれなるままに!

最近の話をしていきたいなと思います!

 

 

2回生になってから対面での授業が急増して

大学での知人が多くない私は悲鳴をあげながら通っています(笑)

 

私の学部は1回生の終わりに言語を選んで、2回生から第二外国語の学習が始まるんです。

 

で、私は第二希望で出していた「フランス語」に決定しました!!!

 

幸いにも、自信をもって友達って呼べる友達と同じクラスで、教室へ行くと顔見知りが何人かいて!

週に3回、フランス語の授業があって、そのうち2回は日本人の先生、もう1回はネイティブの先生が担当で、特に日本人の先生のクラスの作り方が好きで!!

毎回席がランダムで、グループワークたくさんで、ちゃーんと友達もできて!

フランス語、難しいからうちでは不人気言語なんですけど、すごく楽しくやってます!

 

週に3回も顔を合わせるし、席も毎回違うからどんどん知り合いが増えていくんです。

 

教室に入って黙って席に座ることが多かったのに最近はおはよーって言って席につくようになって、学生してるな~なんて思います。(笑)

 

こんなこと、去年は本当に少なかったから嬉しくて。

 

数年前の学生からしたら当たり前のことだったのかもしれません。

1回生からずっとそうだったのかもしれません。

でも私は2回生になって、初めてこの感じを経験していて、

心底嬉しいです!!(1回生の頃から言語があればよかったのに。)

 

 

これまではとことん東京に入り浸って、

東京のコミュニティで全力で頑張ろうとしていました。

 

でも2回生からはもっと自分の関西にあるコミュニティで活躍しようと思っています。

もっと現実的に、もっと躍動的に。

 

東京のコミュニティに身を置いたことに関しては全くもって後悔していません!

むしろ、そう決意したからこそ得られたことがあまりにも大きく、

貴重な経験をしているんだなとつくづく思います。

 

ただ、もっと関西のコミュニティにコミットしておくべきだったという反省点は拭えません。

自分の所属しているところの人たちとの関わりって

大学生のうちに得られる最大の財産だと思っているからです。

 

ひとつのコミュニティに入り込んでしまうことなく、複数のコミュニティにしっかりを身を置いておくことが大事なんだと学びました。

 

 

だからとりあえず、今学期の目標は関西の自分の大学のコミュニティで活躍すること

そして、もっと自分の視野を広げるために活発に行動することって決めました!

 

残り少ないモラトリアム期間!

自分なりに精一杯堪能したいと思います~!!!

 

 

YouTube大学 -中田敦彦

 

 

こんにちは~!!春の陽気も感じられてだんだんとあたたかくなってきましたね。

これからが楽しみ!!!!

 

今日はYouTube大学について書いていこうと思います。

YouTube大学とは何ぞやってところからなんですけど、これは私の好きなYouTubeチャンネルです。オリエンタルラジオ中田敦彦さんがめちゃくちゃわかりやすく色々を開設してくれる、そんなチャンネルです。(長い尺のものが多いんですけどだからこそCMがめちゃくちゃ入ってプチストレスだったのでこのチャンネルのためにプライムにしたくらい推してます)

 

日本史とか世界史のめちゃくちゃコアなところを取り上げたり、大まかな流れを取り上げたり、ビジネス本を要約してくれたり、現代社でホットな話題を取り上げたり、誰か有名人を招いてその人の考えを聞き出したり、とコンテンツがバラエティに富んでいることに加えて、内容も充実しています。日本史の大嫌いだった高校生時代もこれを聞いてなるほど!ってなったり、読書から少し遠ざかっていた私ですがめちゃくちゃ簡潔にまとめてくれてその本を読んでいなくても読んだ気になれたり、なによりたとえが分かりやすく、聞いてる人を飽きさせない芸人魂というか、一人で話しているのにめちゃくちゃ語り掛けてくれたりしてとにかく工夫がすごいんです。

 

話す内容をホワイトボード1枚に毎回綺麗にまとめてきているのもすごい。

 

とにかく見てて飽きないし、長いくせに充実していてつい聞き入ってしまう。そんな動画がたくさんあります。

 

皆さんも一度YouTube大学を受講してみてはいかがでしょうか!

youtube大学 - YouTube

 

最近見て面白いなって思ったやつ!

【ショート動画時代①】YouTubeShorts vs TikTok vs Reels…メディアの次の覇権を担うのは一体どれだ? - YouTube

 

勝手におすすめだけしておきます。次回はYouTube大学からの学びについて書こうかなって思ってます~!お楽しみに!

In the Morning – Mrs. Green Apple

 

 

ミセスの中で一番好きで何回も聞いた、In the Morningの歌詞について書いていきます!

 

サビでめちゃくちゃ沁みるし、ひとつひとつの言葉が沁みてきて、受験生の頃は夜の帰り道に自転車を飛ばしなら聴いていたのを思い出します。受験期に聞いていた曲って何となくその頃の感情がこみ上げてくるのでその曲自体を遠ざけてしまっていますが、このIn the Morning だけは今でも聞き続けています。

 

ほんっとに歌詞がめちゃくちゃ沁みてくるんで是非一度聴いてみてくださいね!

 

www.youtube.com

 

早速歌詞いきまーす!!!

 

 

続きを読む

リーダーシップ

皆さんはリーダーシップと聞いてどんな人を思い浮かべますか??

 

個人的に結構面白いなと思ったのを共有します。高2の時にやったやつかな?この下のみたいな画像を見せられて、この3人の中で「リーダーは誰だと思いますか?」と聞かれたんです。

 

f:id:avectoi17:20220212133110p:plain

リーダーは誰??

誰だと思いますか??

その場では男の子→男の子→私の順で当てられました。

 

男の子1

「一番下だと思います。みんなを支えるのがリーダーだから」

男の子2

「一番上だと思います。みんなに指図するのがリーダーだから」

「真ん中だと思います。全体をよく観察して全体の状況を把握して的確に指示したり動いたりするのがリーダーだから」

 

私が答えるときには男の子たちはちょっと不服そうな顔をしてました(笑)

問を投げかけてきた大人は満足そうな顔をしていました(笑)

 

そして大人は言いました。「皆さん正解です!」

色んなリーダーの形がある。理想のリーダー像もその組織によって異なってくる。

って話をしてくれました。

 

何となく察していましたが、面白いなって思いました。

 

 

私は幼いころから自分のことを精神年齢の高い少し生意気な子どもだと自覚があったし、周りからもリーダーの素質があるねと褒めてもらっていました。いいところ見つけでは必ずと言っても過言ではないほど「リーダーシップがある」と書かれたものでした。通知表にも毎回のように書かれていて、先生はそんな私の一面しか知らないのか…なんて思っていました。(笑)生意気にもほどがあるでしょ…

 

私は疑問でした。ずっと疑問だったんです。

みんなの前に立って何かを進めるのは好きだったし、リーダーになることに対しての抵抗は全くなかったしむしろ進んでやっていたし、得意だと思い込んでいました。他の人がまとめ役をしているのを見ているともどかしくて、こうしたらうまくいくのに…ってなって途中からその役割を横取りしてしまったこともありました。(よくない…)

 

でも。いくらまとめ役を引き受けても私の中では全く解決しないことがありました。

 

「リーダーってなんだ??」「どんなリーダーがいいんだ??」

 

この問が消えないまま私はリーダーを自分から進んでやっていました(大丈夫そう??)

 

リーダーって立場ってほんと、組織によって全然違う役割をすると思うんです。会社のリーダー、つまり社長的立場の人はたぶんきっと大企業であればあるほど暇だと思うんです(言い方)リーダーの下に常務や専務や部長や課長といったサブリーダー、のサブリーダー、のサブリーダー、、、みたいな感じでどんどん責任というかやるべきタスクと言うか色々が分担されていくのでたぶん社長は暇なんです()

 

あらゆる人のもとに束ねられる人たちがいて、その束ねられる人の多さとかキャパとか個々の能力とか素質とかそういうのによって求められるリーダー像って全く異なると思います。

 

「リーダーの在り方」みたいな本をいくつか読みました。こうあるべきだ、って。一番しっくり来たのは心理学の本でした。束ねられる人たちや求められている状況を考慮するとある程度の理想像はあり、こういう目的があるのであればこういうリーダーがいい、うまくその目的を果たせる、とありました。(雑)

 

私はリーダーとはどんな人が向いていて、どんな人がリーダーになるべきなのかとか、考えるべきところとは違うところにフォーカスをして考えていましたが、確かにそのどこのリーダーになるのか、と言う視点が一番大切だということに気が付きました。

 

 

そういう過程を経て、私はリーダーという立場の在り方に対して柔軟な考えを持つようになって、自分もできるだけ柔軟に対応できるような人になりたいなって思うようになりました。私自身、組織マネジメントは得意ではないのですが、やはり組織を作り上げていく過程には深く携わりたいと思うのです。だからこそもっと本を読んでもっと色んな人の意見を吸収して広い視野を持ちたいなと思います。

 

 

本日もお付き合いいただき、ありがとうございました!

行動力のある人に

 

比較的私は周りから見たら「行動力のある」人間なのかもしれない。

 

こう感じる理由は周りからそう言われるからです。

 

東京のサークルに入ったからと言って別に絶対に現地に行かなければならないわけじゃなくて。そうしたからって別に行動力があるとは思わないんです。

みんながその行動を根拠に私のことを「行動力のある人間だ」と表現してくれるのは嬉しいけれど、私は納得できないんですよね。

蛇足だとも思いません(笑)私にとっては重要な過程だったので。

 

 

 

真の行動力のある人間になりたいなとふと思いました。

 

 

 

私の思う、「行動力がある」とは。

何だろうって考えたとき、やりたい!って思ったことに突き進んでいる同級生が浮かびました。この好きなことを頑張っていきたいってそう胸を張って宣言する友人が浮かびました。そして、この夢を叶えるためにこんなことをしてみたい、と思い描いている先輩が浮かびました。

 

自分の意思で、自分が進みたいと思った方向へ突き進もうとする力…

(表現力が乏しすぎて伝わりきらないかもしれない…)

 

その点、このブログに関しては自己評価としては「行動力があった行動」のひとつだと認識しています。やりたいと思って始めて、やりたいと思って続けてるので。

 

やらされて文字が書けるようなそんなデキる人間ではないので。

 

 

私は2021をある意味有意義に過ごし、ある意味無駄に過ごしたという自負があるので、2022はもっと自分に向き合い、自分を追求し、行動力のある人間を目指したいなと思いました。(こんなことを書き綴っている今はすでに1月23日。2022はすでに23日も無駄にしました。笑)

 

「そのために」がなく、終わってしまうのがいつもの私ですが、やはり人間の脳ってすごいもので、その繰り返してきたミスをちゃんと覚えているんですよね。(笑)

「やりたい」が先行するだけ先行して、「そのために」の行動なくして、だらだらと過ごしてしまい、結果として「やりたい」を達成せず何がやりたかったんだっけ??が残ります。

 

でも特に思い入れもなく始まり、気が付けば終わりを迎えているので特に後悔せず…って状況をミスだと認識して一応形式上「後悔」をして学んでいる私の脳、やっぱ賢いかも…(笑)

 

 

「行動力のある」人間になる。「そのために」はまた明日考えようと思う。(学ばんやつ…)

 

 

 

追記)

2022が始まって23日を無駄にした、と書きましたが、別にこれをマイナス評価する必要はないと思っています。

私のモットーのひとつに「人生に無駄はない」とか「遅すぎるときはなくて気が付いたときが一番早いタイミング」とかそういうのがあります。(これをモットーって言ってんのちょっと恥ずかしいけど自分の物事をはかるためのひとつの基準です)

 

この「無駄にした」という感覚から学ぶことは多いし、だからこそもっと毎日を大切に生きようって思えるはずです。また「もっと早くこうしていればよかった」「もっと早く知りたかった」とかそういう感情に襲われることがあると思いますが、それまでの色々な経験や過程を通して『それ』に出会えた/知り合えた/わかった/気が付いたことなんです。だからこのタイミングがベストで、気づいたこのタイミングこそが最速のタイミングなんです。

 

そう思えるようになるともっとゆとりをもって自分のことを評価できるようになるんじゃないかなって思うんです。

 

以上!!!